メイン画像

一昔前は仕事の雇われ方は正社員が一番と言われがちでした

一昔前は、仕事の雇われ方は正社員が一番と言われがちでした。しかし、現代は長引く不況で正規雇用の新規採用はあまりなく別の雇用タイプをセレクトする人が増えましたね。正社員とは別の雇用様式だとすると、契約社員・派遣社員・パートアルバイトがあります。ひとつひとつ良い所と悪い所がありますが、自分がどのように働けばいいかよく考え、自分の生活のスタイルに合った働き方を選びぬいて楽しく仕事をすることが最高に良いですよね。

職務経歴書は、履歴書上には書き込めないキャリアの内容や実績を細かく記入する書類です。企業側からすれば値打ちがある情報源だし、応募者からすれば自分をアピールする重要なものです。ですから、自分の経歴をなるべく細かくかつ正確に記入する必要があります。企業が望む人とは、すぐに役に立つか専門的な知識や実力を持っているか、企業の活性化に役立つかでしょうから、持っている才能や技術を存分に知ってもらって、どれくらい職場に寄与できるかをわかってもらうようにしましょうね。

就職の応募に必ず必要なのが履歴書ですよね。履歴書に記入する時の基本的な決まりとは何でしょうか。そもそも履歴書は手書きするのが基本でしょう。いくつか種類があるようなので自分が書きやすいのを選ぶのがいいですね。記入する際は万年筆かボールペンを使用しましょう。鉛筆で書くのはNGでしょう。また間違った場合も修正液使用はしてはいけません。履歴書は希望する企業ごとに新規で書くようにしましょうね。使い回すのはダメです。文字はなるべくなら大きく美しく記入してください。仮に中身がよい物でも字が見にくければがっかりしてしまうでしょうね。